金がないと何も出来ない。

私は、大学を卒業した後、借りていたアパートを継続しフリーター生活を送っていました。

親しかった友人たちは、大半が県外の地元に帰りなかなか集まれる機会がありませんでした。

大学のある街で就職した友人たちもいましたが、正社員とフリーターの立場の違いもあり、お金の使い方が段違いでなかなか一緒に遊べませんでした。

たまに遊んでも、気を使って安く遊べるところに行ってもらっている感じがして、自分から誘って遊ぶなんてことは出来ませんでした。
久々に、散り散りになった友人たちと集まって飲む機会がありました。

フリーターの自分は、生活がギリギリだったのですが、その集まりには参加したいと思いなんとか資金を捻出しました。

いざ飲み会が始まって、すごく楽しかったのですが、やはり終わりになると2次会、その後の話が出てきます。

お金に余裕がなかった自分は、断ろうかと思いましたが、みんなが奢ってやるから来いと言ってくれました。安くお金借りることができます。

でも、同じ学年の友人たちです。奢ってもらうのはどうしても気が引けました。

同じ市内に住んでいた友人に貸してもらうという事にして、その後も一緒に遊びました。

 

自分はお金を借りて、その後に友人たちも満足してくれるという状況で借りたいと思いました。

借りた相手は、確実に会えて確実に返せる相手に借りました。

コメントは受け付けていません。