ATMキャッシングで生体認証で認証されない

とある地方銀行で給与振込のために新しく口座を作った際、窓口で勧められたので生体認証機能のついたキャッシュカードを作ってもらいました。

あらかじめ登録した指の静脈を、ATMに付属している器械で読み取るというものですが登録で使った指が悪かったのか、何度試しても認証されずお金が引き出せないという事態に何度も陥りました。成功率で言えば、10回試して2回認証OKされれば上々といったところ。

ATMを使う時間帯やタイミングによっては、何度もやり直しをしていると後ろで待っている人の冷たい視線が気になり、用事が済んでいないのに後の人に順番を譲るといったことも数回ありました。

指を読み取る機能のないATMであればカードを入れて暗証番号を押せば取引できたので、しばらくはそういったところを探して用を足していたのですが、だんだんと本人認証機能付きの新しいATMの機械に変わっていってしまい、本当に困りました。

意を決して窓口へ行き、もう少し読み取りやすい指で登録し直そうとしましたがどうやらもともとの質が関係しているのか、指先の静脈がどの指でも読み取りづらい傾向があると言われて最終的には生体認証機能のないキャッシュカードに変更する羽目になりました。

最初にキャッシュカードを作るときに、静脈が読み取りにくいケースもあるということを知っていれば二度手間にならなかったのにと、いまでも思います。

コメントは受け付けていません。