お金が必要!苦学生だった私の体験談

私が7歳の頃から、両親の仲が悪化。父は何日も帰ってこないかと思えば、借金を作り込み何枚ものカード会社から請求が来る日々でした。
小さいながらも、母がひっそり寝室で泣いているのを知っていました。そして、何か悪い事が起きている事も分かっていました。
家計は火の車だったので、高校も大学も国立に進みましたが、国立大(それも日本の指3本に入るレベル)行くには、専門の勉強が必要です。
バイトでお金を貯めていましたが、それでは予備校には不十分。
両親には頼れず、祖父にお願いをして100万円を借りました。お金を1円も無駄にするものか!と必死で勉強し、やっとの思いで一流大学に入学、卒業を果たしました。
両親にお金を借りる事はあっても、祖父に借りるという方は少ないのではないでしょうか。
私の場合は、本当にどうどうしようもなく、両親の次に近い祖父にお願いしました。
勿論、卒業後はしっかりと就職先を決め、1年と半年で210万の奨学金と、祖父に借りたお金を完済しました。
「最近の学生は甘やかされている」と言われますが、人によりけりだと感じています。
お金を借りなければいけない程の苦難があったからこそ、1円のありがたみを知り、生活出来る事に感謝しています。
振り返れば辛い思いでですが、今となっては、このような逆境の環境で育ててくれた両親に感謝もしています。

(コンビニでお金を借りる・・・http://www.carlsgames.net/

旦那一人の稼ぎで生活しているので厳しいです

主婦でも借りれるキャッシング・カードローンはコレ!

私は独身時代ある程度のお給料をもらい、毎月自分の自由に使えるお金がほとんどでした。
結婚、出産により退職をして、専業主婦になりました。
お金は私が管理しているので、毎月どれだけ使っているか、どれだけ貯金できるかなどは把握しています。

毎月赤字を出さないように、貯金を増やすようにと思うので、なかなか自由に使えなくなりました。
絶対に外せないものとして、食費、法事やお祝いなどの交際費、医療費、ガソリン代などの交通費があります。
これらを優先的にして、残りを日用品、被服費などに充てていきます。

独身時代に着ていた服よりワンランク下げる、美容院に行く回数が減るなどの変化はありますし、自分のことに使うよりも子どもという風になりました。

お金に関して良かったと思うところは、家計を任せてもらえるところです。
もしも相手が管理していて、任せると思うと不安で仕方ないですし、自分で計画を持ってできるというところが良いなと思います。

金がないと何も出来ない。

私は、大学を卒業した後、借りていたアパートを継続しフリーター生活を送っていました。

親しかった友人たちは、大半が県外の地元に帰りなかなか集まれる機会がありませんでした。

大学のある街で就職した友人たちもいましたが、正社員とフリーターの立場の違いもあり、お金の使い方が段違いでなかなか一緒に遊べませんでした。

たまに遊んでも、気を使って安く遊べるところに行ってもらっている感じがして、自分から誘って遊ぶなんてことは出来ませんでした。
久々に、散り散りになった友人たちと集まって飲む機会がありました。

フリーターの自分は、生活がギリギリだったのですが、その集まりには参加したいと思いなんとか資金を捻出しました。

いざ飲み会が始まって、すごく楽しかったのですが、やはり終わりになると2次会、その後の話が出てきます。

お金に余裕がなかった自分は、断ろうかと思いましたが、みんなが奢ってやるから来いと言ってくれました。安くお金借りることができます。

でも、同じ学年の友人たちです。奢ってもらうのはどうしても気が引けました。

同じ市内に住んでいた友人に貸してもらうという事にして、その後も一緒に遊びました。

 

自分はお金を借りて、その後に友人たちも満足してくれるという状況で借りたいと思いました。

借りた相手は、確実に会えて確実に返せる相手に借りました。

ATMキャッシングで生体認証で認証されない

とある地方銀行で給与振込のために新しく口座を作った際、窓口で勧められたので生体認証機能のついたキャッシュカードを作ってもらいました。

あらかじめ登録した指の静脈を、ATMに付属している器械で読み取るというものですが登録で使った指が悪かったのか、何度試しても認証されずお金が引き出せないという事態に何度も陥りました。成功率で言えば、10回試して2回認証OKされれば上々といったところ。

ATMを使う時間帯やタイミングによっては、何度もやり直しをしていると後ろで待っている人の冷たい視線が気になり、用事が済んでいないのに後の人に順番を譲るといったことも数回ありました。

指を読み取る機能のないATMであればカードを入れて暗証番号を押せば取引できたので、しばらくはそういったところを探して用を足していたのですが、だんだんと本人認証機能付きの新しいATMの機械に変わっていってしまい、本当に困りました。

意を決して窓口へ行き、もう少し読み取りやすい指で登録し直そうとしましたがどうやらもともとの質が関係しているのか、指先の静脈がどの指でも読み取りづらい傾向があると言われて最終的には生体認証機能のないキャッシュカードに変更する羽目になりました。

最初にキャッシュカードを作るときに、静脈が読み取りにくいケースもあるということを知っていれば二度手間にならなかったのにと、いまでも思います。

今すぐお金欲しいと思った友人の急な誘い

私はよく友人から遊びに行こうと誘われるのですが、それが毎回急にやって来るので私も準備ができずにお金が無いからと断ることも多くありました。今すぐお金欲しいと思いました。

ですが、いきなり友人が私に電話してきて「明日温泉に泊まりに行こうと思うんだけど来ない?」と言ってきたのです。私はその頃仕事で忙しくしており、尚且つ休みもまとめて取れていなかったので私は有給を使うことにしました。

ですが、友人の誘いはいつでも急です。給料日前の私には旅行に行くための費用なんて一銭もありませんでした。それでもせっかくの誘いですし、温泉だしと考え、私はついにカードキャッシングを行うことにしたのです。

その後旅行に行くことは無事に出来たのですが、ただしあとに残るのは債務だけです。私はそれをどのように返そうか途方にくれていましたが、現在はそうした借りることによっての苦しみを少し理解したので毎月払っています。現在は完済しましたが、それから二度と借りたことはございません。

コンビニは生活していくうえで無くてはならないもの

コンビニは生活していくうえで、なくてはならないほどよく利用する場所です。

おもに食品などを購入しますが、車で遠出した時にもよく立ち寄ります。たまにトイレを借りることもあります。お金を借りることはないですが・・・汗;

また、宅配便の受付や、通販での買い物したものを受け取りにいったり、チケットのダウンロードや音楽ギフト券を購入したり。書店まで行くのが面倒な時は、月刊誌はコンビニで購入しています。

こう改めて考えてみると、コンビニはとても生活に密着していますよね。もし、コンビニがなかったら、現在利用しているサービスはどこで行っているのか、一から探さなくてはいけません。

またコンビニ内にあるATMコーナーもとても便利だと思います。頻繁には利用しませんが、手数料が安い時間帯や曜日を選んで利用する事はあります。

今すぐお金が欲しいってときには、もしかしたら借りてしまうかも知れませんけどね・・・。

外出先で銀行を探したり、ATM機を探すのが面倒な時があるので、コンビニで買い物がてら利用するんです。この利用手数料がもっと安くなければ、頻繁に利用したいところですが・・。難しそうですね。